旅好き主婦の日常

子持ち専業主婦が旅行に行く為に社会復帰!2019年にはANA上級会員になる為のSFC修行完了。海外1人旅も行っちゃいます。旅に行けるようになるまでは日常をつづっていきます。

意外と簡単。パワーストーンブレスレットのゴム替え方法

こんにちは。ご訪問ありがとうございます。

 

先日夫から依頼されたパワーストーンブレスのゴム替え。

f:id:ematravel:20200810084828j:image

どうもやる気にならなかったのですが

替えて欲しくてソワソワしているので

仕方なく重い腰を上げてやる事にしました。

自分でも簡単に替えられます

最初に夫の パワーストーンブレスが切れた時に

本人は捨てようとしていたのですが

子供「お母さんが直せるんじゃない?」

…面倒な事を。

お店でも1,000円位で直してくれそうでしたが

仕方なくやる事にしたら意外と簡単でした。

手芸屋さんで買う物は2つ

f:id:ematravel:20200810084839j:image

ブレスに使うゴムは2種類あるそうです。

・透明なテグス状ゴム

・繊維状のゴム

石によって相性があるようですが

今回はオペロンという繊維状のゴムを

使います。

 

ワイヤーはブレスに通すのではなく

ゴムを通す為の針の代わりとして

使います。

用意する物

替えゴム

ワイヤー

クリップか洗濯バサミ

箱かおぼん

の4つです。

ゴムとワイヤー以外は家にある物で

済むのではないでしょうか。

注意する事

既製品の場合ゴムを隠す為に穴が大きいストーンがあるはずです。

左に比べて右のストーンの穴が大きいのが

分かりますか?

このストーンが大事なので見失わないように

注意して下さい。

配列をバラバラにしないように

f:id:ematravel:20200810085012j:image

 ゴムを切ります。

この時にストーンが飛んで行ってしまわない

ように箱かおぼんの上で作業して下さい。

 

f:id:ematravel:20200810085039j:image

穴の大きいストーンを救出しておきます。

今回の場合はデザイン性は無いのでその他の

ストーンは最初に全部古いゴムから抜いてしまいます。

デザインがある場合は順番が違くならない為に

1つずつ抜いて新しいゴムに通すと良いと思います。

通す穴の大きさをチェック

f:id:ematravel:20200810085210j:image

上の画像はゴムが二重ですがより強度を求める

場合は下のように四重にする事もできます。

注意としては今回のストーンは大きくて重いので

四重ですが、ストーンが小さくて穴も小さいと

四重ではやりにくいかも知れません。

穴の大きさによって選んでみて下さい。

 

f:id:ematravel:20200810100046j:plain

ゴムの「わ」になっている方に二つ折りにした

ワイヤーを通しておきます。

抜けてしまわない為に

f:id:ematravel:20200810085229j:image

せっかく通したストーンが抜けてしまわないように

先端をクリップや洗濯バサミで留めておいて下さい。

私はお菓子等の袋の口を留めるクリップを使いました。

最初に穴が大きいストーンから通す

f:id:ematravel:20200810085243j:image

最初に通すのは、別にしておいた穴が大きいストーンです。

これが端に来ないと結び目を隠せないので注意して下さい。

 

f:id:ematravel:20200810085309j:image

 全て通し終わりました。

結び方

f:id:ematravel:20200810085323j:image

 「わ」になっているゴムに片方のゴムを通します。

※この場合はゴムを四重にしています。

 二重の場合は「わ」に通すゴムは一本です。

 

 

f:id:ematravel:20200810085347j:image

 ゴムの両端を持って引き締めていきます。

ストーン自体をずらしながら形を作っても

いいと思います。

引き締め過ぎてもゴムが張ってしまうし

緩いとストーンの間からゴムが見えて

しまうので、ここはちょっと慎重に。

 

f:id:ematravel:20200810085358j:image

良い具合になったらゴムを2回結びます。

心配ならば3回結んでも良いとは思いますが

結び目を隠すのが少し大変かも知れません。

  

f:id:ematravel:20200810085435j:image

2ミリ位のところで余ったゴムをカットします。

 

f:id:ematravel:20200810085452j:image

 このままだと結び目が見えていますが。

 

f:id:ematravel:20200810085524j:image

ちょっとゴムを引っ張ると穴の中に入っていくので

大丈夫です。

くり返しですがこの為に穴の大きいストーンを

見付けておいて下さいね。

 

f:id:ematravel:20200810085535j:image

キレイに出来上がりました。

最後に

ストーンブレスのゴム替えは意外と簡単です。

お店に持って行ってメンテナンスをして

もらってもいいですが、簡単なのでぜひ

ご自分での修理にもチャレンジしてみては

いかがでしょうか?

 

ご覧くださいましてありがとうございました。

注目記事