旅好き主婦の日常

子持ち専業主婦が旅行に行く為に社会復帰!2019年にはANA上級会員になる為のSFC修行完了。海外1人旅も行っちゃいます。旅に行けるようになるまでは日常をつづっていきます。

パーソナルジム・24/7ワークアウトに決めた理由

急にやる気スイッチがONになった事により

パーソナルトレーニングジムへ通う事になった私。

今回はジムを決めた理由について書いて行きたいと思います。

初めて名前を知った24/7ワークアウト

私が通っているのは24/7ワークアウト   です。

読み方はトゥエンティフォーセブンワークアウト。

もう少し読みやすい店名の方がいのでは?とか思いましたw

 

最初はママ友が成果を出した個人ジムに行こうと思ったのですが、地理的に通いづらいので迷っていたところ、仕事の帰りに通い易い場所に支店があったのでここにしました。これはとても良い判断だったと思います。

その他に理由として

・ウェアとシューズの貸し出しがある

・完全個室のマンツーマンレッスン

・某有名ジムよりは低価格

等があげられます。

 

立地が良い

これは大きいです。私は仕事帰りに通いたいので、通勤経路から大幅に外れてしまうとどうしても通うのが億劫になってしまいます。

職場と自宅の間にあるので通い易いし定期券があるから交通費がかからないのもポイントです。

 

手ぶらで行ける

これも大事です。ウェアはともかくシューズを持って仕事に行くのはちょっとつらい。貸し出しがあるのは大変ありがたいです。

でも、自分専用の物ではないですし洗濯もジムでしてるみたいなので潔癖症の方や感染を気にする方にはどうでしょう?

私?まったく気にしません!

 

完全個室のマンツーマン

パーソナルジムなんだからこれは当たり前でしょう。

と、思っていたら所謂普通のジムで他の会員もいる中でマンツーマンレッスンをする所もあるとか。

それだとちょっとイメージ違うので個室でじっくりやりたいですね。

実際に通ってみて良かったのはマシンの順番待ちをしなくていいのはストレスが無くてとても良かったです

 

少し安価

パーソナルトレーニングを世に知らしめた某有名ジムはちょっと敷居が高い…。金額も高い。

24/7ワークアウトは今回で初めて知ったジムですが、テレビCMを打たない分なのか少し安いです。

とは言え、主婦が出すには勇気のいる金額です…あぁ、ずっと欲しいルンバとドラム式洗濯機買えたかも知れない。

 

 

気になる金額は?

24/7workoutがよくネット広告で出しているプランは『2ヶ月コース』。その場合は約25万円との事なのでなんとか出せない額ではない…かな。

と、思ったのですが。

 

金額はその人による。としか言えない

実際は2ヶ月コースでは短いから、3〜4ヶ月は通わないと満足行く成果は得られないという…。

まず、私の中で4ヶ月はありえない。そんなに長期間やりたくない!

3ヶ月もやだな〜…。あ、でも3ヶ月目は仕事が夏休みで暇な時期。食っちゃ寝してしまうのも嫌だからジムに通うのもアリかも知れないな。

ということで私の契約は以下の通りになりました。

月会費 98,000円×3ヶ月=294,000円

入会金 19,000円(3ヶ月コースは半額です)

合計313,000円!

.........( ゚∀゚):∵グハッ!!

もう痩せるしかないっっ!!

そう。この金額こそ背水の陣に相応しい出費とも言えます。

こんな大金払ってリバウンドなんてしてる場合じゃないでしょう。

 

少しだけ痩せたい。とか正しいトレーニング方法を知りたい。なんて方は2か月で十分かも知れません。

はたまた、人ひとり分痩せたいとかムッキムキになりたいと目標が高めの方は、その人の今の体型によって半年?一年?かかるのかも。

あとは筋トレにハマっちゃってずっと続ける方もいるでしょう。

 

でも私は当初の目標マイナス10キロを達成できなくても3か月で終了するつもりです。

 

一つの誤算(笑)

誤算…いえ、当然予想しておくべき事だったのですが。

初日にカウンセリングをしてくれたトレーナーがその後ずっと担当してくれているのですが、彼を最初に見た時に

『帰りたい…(白目)』

なぜならさわやかなイケメンお兄さんだったのです…。

うぁ。この人に体重体脂肪その他諸々申告するんかい。

やだな~イケメンやだな~。

でもそうかトレーナーだったら当然美意識高いだろうしみんなイケメンなのかも知れん。でもこれがキレイなお姉さんだったら?それはそれで恥ずかしいのか?

等と微妙な気持ちだったのですが、結果とてもいい青年でした。

歳も20歳も下!?な~んだ息子みたいなものじゃん!

そもそもあっちはプロだし何とも思わないっしょ!

と今ではなんでも相談できています。

パーソナルトレーニングに通っていると話すと『男性トレーナーは嫌だ』と何人かに言われたのでちょっと書いてみました。

 

 次回からはトレーニングと食事制限について書いていきます。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

 

注目記事