旅好き主婦の日常

子持ち専業主婦が旅行に行く為に社会復帰!2019年にはANA上級会員になる為のSFC修行完了。海外1人旅も行っちゃいます。旅に行けるようになるまでは日常をつづっていきます。

パーソナルトレーニング1ヶ月目(8回分)の身体の変化と食事内容

パーソナルトレーニングに通い始めて1ヶ月が経ちました。

週に2回のトレーニングなので8回分が終了した事になります。

 

大変お恥ずかしいのですが、スタートからの身体の変化の数値を下に記載します。

 

パーソナルトレーニングに通って1カ月の変化

★45歳

★身長167㎝

★初回(2021/05/23)
体重:65.25kg(0.0kg)
体脂肪率:29.2%(0.0%)
筋肉量:43.35kg(0.0kg)
BMI:23.4(0.0)

★2回目(2021/05/28)
体重:64.1kg(-1.2kg)
体脂肪率:27.9%(-1.3%)
筋肉量:43.35kg(0.0kg)
BMI:22.98(-0.4)

★3回目(2021/06/03)
体重:63.55kg(-1.7kg)
体脂肪率:27.9%(-1.3%)
筋肉量:42.75kg(-0.6kg)
BMI:22.79(-0.6)

★4回目(2021/06/08)
体重:63.8kg(-1.5kg)
体脂肪率:29%(-0.2%)
筋肉量:42.5kg(-0.9kg)
BMI:22.88(-0.5)

★5回目(2021/06/11)
体重:63.25kg(-2.0kg)
体脂肪率:27.9%(-1.3%)
筋肉量:42.45kg(-0.9kg)
BMI:22.68(-0.7)

★6回目(2021/06/17)
体重:62.75kg(-2.5kg)
体脂肪率:27.7%(-1.5%)
筋肉量:42.75kg(-0.6kg)
BMI:22.5(-0.9)

★7回目(2021/06/20)
体重:62.8kg(-2.5kg)
体脂肪率:27.5%(-1.7%)
筋肉量:42.6kg(-0.8kg)
BMI:22.52(-0.9)

★8回目(2021/06/24)
体重:62.4kg(-2.9kg)
体脂肪率:27.4%(-1.8%)
筋肉量:42.6kg(-0.8kg)
BMI:22.37(-1.0)

 

1ヶ月でマイナス約3キロ

カウンセリングの時にこれくらいのペースで落ちていけば良いと言われていたので及第点でしょうか。

 

しかし、食事制限はかなりつらいものでした。

そしてそれに伴う副作用はかなり深刻で一時は入会を後悔したりもしました。

この副作用については別の記事で書いていきます。

 

スーパー糖質制限を実践

まず初回のトレーニングはごく軽いものでほとんどが食事の説明でした。

これで1回分消化か…と思うとちょっとモヤっとしましたが、結局は筋トレではなく食事で減量するのでその説明に時間を取るのは仕方がない事なのかも知れません。

 

そこで提案された食事制限は『スーパー糖質制限』でした。

それは1日の糖質摂取量が20gという過酷なものでした。

20gがどれ位かと言うと大体バナナ一本分です。

 

だからと言って糖質20g分の食材を食べて良いと言うわけではありません。

糖質がほとんど無い食材を食べても調味料などで意図せず摂取してしまう糖質で1日20gなんてすぐに超えてしまいます。

 

40代にはキツい!食事内容

元々、お肉大好き!脂身もウエルカム!バターやチーズでも胃もたれなんてした事もない私でしたが厳密に行うスーパー糖質制限は段々きつくなってきました。

以下は当時私が食べていた食事の一例です。

毎食写真を撮って、トレーニング時にまとめてトレーナーにチェックしてもらいます。

某有名ジムのように毎食毎に報告はしません。頼めば見てくれると思いますが。

 f:id:ematravel:20210626094030j:image

お肉。特に赤身ステーキはいくら食べてもOK。

ただしステーキソースは糖質高めだったりするのでバターしょうゆが定番でした。

 

f:id:ematravel:20210626094051j:image

でも一番良いのはやっぱりサラダチキンだそうです。

1枚肉の真空パックのってどうしても美味しくなさそうだったので自分で作っていましたがめんどくさくなるとスライスタイプをイトーヨーカ堂で買っていました。

あと主食は食べられないのでよく作っていたのはおから蒸しパンとラカント使用のチーズケーキ。この2つにはかなり救われました。


ラカントS顆粒 (300g)

糖類0の甘味料。少し高いですが人工甘味料ではないから安心。

 


キッコーマン 豆乳おからパウダー120g

微細なパウダーなのでおから蒸しパンが美味しく出来上がります。おススメ! 

 

f:id:ematravel:20210626094045j:image

やはり定番のブロッコリー。味付けは粉チーズとオリーブオイル。

家族のお弁当で余ったウインナーも入れていますが悪くはないが良くもない食材だそう。

これは職場で食べるお弁当ですが、ここでもラカント使用のチーズケーキを食べてますねw

工夫すればおやつも食べられます


f:id:ematravel:20210626094048j:image

間食の定番メニュー。チーズせんべい、ミックスナッツ、ラカント使用のチーズケーキ。

とろけるスライスチーズを1枚あたり1分半レンジでチンするとチーズせんべいが出来上がります。

低糖質のおやつって世の中に割と出回っていますが甘い物が多くてしょっぱい物は少ないんです。

しょっぱい物が食べたい時はチーズせんべいとミックスナッツをよく食べていました。

ミックスナッツも本当は素焼きがいいんですがそこまでやってられないので普通に塩味の物を食べていましたw

 

身体からのSOS?食生活が苦しくなってきた

元々、自己流の糖質制限をやっていたので食事内容に抵抗は無いつもりでしたが肉中心の食生活は意外なほど心が疲れてきました。やはり年齢の問題でしょうか。

この生活を始めて2週間が経った頃トレーナーに『食生活が辛い』と伝えました。

トレーニング開始当初スーパー糖質制限は最低1カ月やりましょう。と言う事だったので後2週間、つまり1カ月で終わりにしたいと思いました。

でもトレーナーからの言葉は『では、今日から1カ月続けてその後は他の方法にシフトしましょう』でした。

あと1カ月?そんなにもつだろうか。

 

今から思えばこの頃すでにこれから起こる副作用の兆候は出ていたのかも知れません。

辛い。ここまでやる必要あるの?こんなに辛いのにこの時点では2キロしか減っておらず苦労に見合っていない。

スーパー糖質制限はケトジェニックダイエットと言って体内でケトン体と言う脂肪燃焼物質を出せるようになるまで糖質制限をするという方法。

ケトン体が出るまで頑張りましょう。と言われても元気に『はい!』とは言えない、心身ともに疲れ切っていました。

これから2週間後に今でも完治しない副作用が起こるのでした。

 

 

注目記事